あけましておめでとうございます。コンサルタントTです!
今年も良い年にしたいですね。

さて、大晦日、みなさんは何をされていましたか?我が家は、自宅で新年の準備をしながら、NHKの紅白歌合戦を見ていました。コンサルタントTは昭和の人なので、大晦日の紅白歌合戦は、かれこれ子供のころからずっと一年の締めくくりとして見ています。

ただ、子供の頃の紅白のイメージだと、前半は若手向け(アイドル、ニューミュージック)で、後半、特に最後の方は年配向けで、例えばトリは赤組は石川さゆり、天童よしみなど、白組は五木ひろし、北島三郎などの大物演歌歌手を固める、というセットリストでしたよね。

ところが、昨年の紅白、トリがまさかのサザンオールスターズ!!しかもその前が、ユーミン、星野源、米津玄師、MISIA、ゆずという、まさに若者を意識したセットリストに変わっていました!

特に最後にサザンが、勝手にシンドバットをユーミンと一緒にデュエットするシーンなんかは、いわゆるJ-POPというか昔のニューミュージックが今の主流なのかと思わせ、時代の変化を感じました。我々の世代にとってはまさにドンピシャな選曲になっていましたね。視聴率も今回はこのサザンの時に45.3%という高い数字をあげたようですよ。

また、うちの娘たちは、これまた、若者?に絶大な支持がある米津玄師の徳島からの、これまたクオリティの高いLemonに感動しておりました。こちらも瞬間視聴率でサザンにつぐ44.6%だったそうです。

あと、ロックのX JAPANのYOSHIKIはラルクアンシェルのHYDEとのコラボ曲、そしてライブのオープニングで流すMIRACLEを、サラ・ブライトマンを呼び寄せて演奏するという、これまたクオリティ高いステージでした。

紅白っていつからこんなに変わったのかなと思って、ここ5年の後半6組を見比べると

2014: AKB48、福山雅治、中島みゆき、美輪明宏、嵐、松田聖子

2015: 今井美樹、SMAP、高橋真梨子、森進一、松田聖子、近藤雅彦

2016: 高橋真梨子、THE YELLOW MONKEY、氷川きよし、宇多田ヒカル、石川さゆり、嵐

2017:  高橋真梨子、氷川きよし、安室奈美恵、桑田佳祐、石川さゆり、ゆず

そして2018年は驚きのセットリスト

米津玄師、MISIA、ゆず、石川さゆり、嵐、そしてトリがサザンオールスターズ

どうですか。石川さゆりがかろうじて演歌枠で残っていますが、だいぶ振り切った感がありますよね。

また、見せ方も昔の小林幸子などの衣装と演歌のステージが主流だった紅白が、こうして我々世代?や若者世代を意識した、アーティスト、選曲でクオリティを上げてくるのは本当に紅白ファンとしては嬉しいかぎりです。

すこし気が早いですが、今年の紅白も楽しみですね!

(2019.1.5 コンサルタントT)

広告